ノートパソコンを格安で出品


by connector04

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2010年 10月
2010年 09月

お気に入りブログ

メモ帳

検索

人気ジャンル

最新の記事

ノートパソコンのQosmio..
at 2010-10-22 12:29
Dynabookは壊れやすい?
at 2010-10-19 16:56
DELL製のノートPC
at 2010-10-07 17:18
FMVのノートパソコン
at 2010-09-27 15:07
ノートパソコンといえばソニー..
at 2010-09-21 15:13

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

Dynabookは壊れやすい?

ブランド名の起源は、アランKeiが提唱した「ダイナブック」を考えて、目的とする命名です。 それは無料のノートパソコンへのダイナブックの名前を与えるべきことです。「ダイナブック」もASCIIが批評を取得して、持っていた商標でしたが、それが現在設立される、「DOSを基づかせるか、」、その時、東芝のブランドとして。

東芝は、1985年の携帯パソコンの夜明けにその時、輸出のためだけのモデルとしての市販のコンパクトなIBM PC互換機のラップトップPCの1番目とT-1000(重さの4Kg)を置きます。ラップトップPCの欧米市場の成功の機会を利用する、世界初のハードディスク(10MB)が市販していた状態で1987年の個人的なコンピュータが持たせたラップトップタイプであったT-3100は、東芝が完全なスケールにおけるPCハードウェア市場に入ったのを置きました、そして、国内向けの日本はJ-3100になりました。 ラップトップタイプに培われた小型化への技術の進歩はその後現れたノートタイプパーソナルコンピュータDynaBookシリーズへの準備になりました。

ダイナブック第1料金のJ-3100SSは安価な20万円未満のPCであるラップトップより小さいケースとその時まで注意を引き付けて、新しいジャンル「本のタイプPC」(以下のノート型PC)を広げました。それは交換可能なIBM PCでした、そして、それによる元の日本の画面ファンクション(画面解像度は、640×400画素と、80ケタx25系列であった)が加えられたというものでした、そして、IBM PCのためのソフトウェアはイギリスのモードで実行されて、アーキテクチャラップトップがJ-3100の同様のシリーズをタイプするということであることをその時までできました。 創設者は正確にPC/XTベースでした、そして、それはいわゆるPC/AT互換機ベースでしたが、CGA上位互換と内部のバスはグラフィック(イギリスのモード)のXTバス(8の噛み付いているISA)でした。 従来のメモリとしてMS-DOSで使用できた640KBに関するメモリ以外にRAMディスクとして使用できた1.2MBに関する高めるメモリはインストールされました。 それは、ハードディスクを持っていませんでしたが、日本の環境、テキストエディタ、通信ソフト、およびコンパイラなどのためにものなしで運ぶことができたノートパソコンから外部媒体を当てにするよう要求された仕様が、十分いっぱいにされた残額を取ることができたマシンでした。

東芝は、1991年にダイナブックのような元の日本の画面ファンクションから純粋なPC/AT互換機に移動する、OADGに合流しました、そして、(いわゆるDOS/V)OADGによるとも、キーボード配列は配列に移行しました。 自社かグループ会社で開発生産をしました、そして、影響が市販していた状態で他の会社の前で新たに開発された部品を使用した製品は置くことができるのが、ノートPCに必要な部分の多くのように長所でした。 1990年代の後半のモデルのわずかではなく、バッテリーのセルが東芝の製品で堅くされるか、またはビジネスを分類するように、自社開発、チップセット、ハードディスク、光ディスクドライブ、液晶パネル、および部品を含む主記憶装置によるそれのBIOSにはそのようなものがある個人。 ノートPCに最適化されたチップセットを開発することによってそれを耕作した電源制御技術は、有効に利用されました、そして、それは、初めに、インテルとマイクロソフトとの電源管理の標準のACPIの決定に参加しました。
ノートPC世界は共有されます。連続していた状態で取得して、1番目は7年間1994年から2000を東芝に置きます。 2009年現在幹部の世界PC販売では、東芝はHP、エイサー、デル、およびレノボの後の5位(出荷ナンバーベースとIDC調査)です。
[PR]
by connector04 | 2010-10-19 16:56